フェリシモ >  シュークラブプリュス >  シュークラブ >  シュークラブスタッフの言いたい放題 >  フェリシモNO.1の日本ワイン通も「これは本当にすごかった」と絶賛!絶対後悔しない取っておき「井筒ワインNAC メルロー【樽熟】2013」

シュークラブスタッフの言いたい放題

2016年6月28日 (火)

フェリシモNO.1の日本ワイン通も「これは本当にすごかった」と絶賛!絶対後悔しない取っておき「井筒ワインNAC メルロー【樽熟】2013」

今回は、フェリシモNO.1の日本ワイン通として「井筒生ワインカタログ」に
テイスティングコメントをくれたNさんが、まだまだ語りたいたいことがあると、さらに「NAC メルロー」への熱い思いを語ってくれました。

Chou_clubnac_628_1_16548_image002Chou_clubnac_628_1_16548_image001

はじめまして! フェリシモスタッフのNです。

実は私、普段は生活雑貨の企画をしており、シュークラブのお仕事をしているわけではないのですが……

「ワインが好き! 大好き!! ワインの勉強しています!!」と社内で公言していたら、ついに!!! ワインのお仕事をいただいてしまいました~(●^o^●)

そのしあわせなお仕事内容は……

井筒ワイン NAC メルロー【樽熟】 2013

を飲んで感想をコメントするというもの。

去年、ワインエキスパートの1次試験に合格し、今年になって、日本ワイン検定3級を取得したとはいえ、ただの趣味の範囲なので、自分のコメントを公に公開するなんて……

ととても恐縮しながらも、おいしいワインが飲みたい一心でお引き受けしました。

15637_20

日本ワインが大好きで、ここ何年かでかなりいろいろ飲んできたのですが。

井筒ワイン NAC メルロー【樽熟】 2013

これは、本当にすごかったです!!! びっくりしました!!!!happy02shine



15637_18

その前に、「日本ワイン」とは何かと申しますと。

大手さんで作っているものの多くは、チリやアルゼンチン産の濃縮還元果汁を輸入し、醸造のみを日本で行っています。これが「国産ワイン」の約8割に当たります。「国産ワイン」=「日本ワイン」ではないのです。

「日本ワイン」とは、あくまで日本産のぶどうを使って、日本で醸造されたものwine

まだまだ数は少ないですが、店頭でよく見る濃縮還元ものとは、まったく異なるものです。


全国津々浦々、約210軒ほどワイナリーがありますが、今私が最も注目しているのが、北海道と長野。冷涼な気候がぶどう栽培に適していることもあって、新しい若手の生産者さんたちもこぞって進出しています。

その長野にあって、長年おいしいワイン作りを目指してきた井筒ワインさんの
★特別キュベ★が、この1本。

 

期待がふくらみます~!!!!!happy02shine

Chou_clubnac_628_1_16548_image005

まずびんを開けてグラスに注いでみると。

一瞬「これは本当にメルローかしら?」と思うような、軽やかなラズベリーやブルーベリーなどの果実感と、ほの甘いバニラの香りが空中高く広がります。

いい香り~!!!happy02shine

何とも待てなくて、思わず口に含むと、メルローらしい、フレッシュなごぼうのようなうま味のあるニュアンスを、樽由来のやさしバニラの香りが包み込み、とても複雑で味わい深い印象に。渋みもとてもまぁるく、やわらかい。

いろんな素晴らしい要素を持ちながら、1本のびんの中でそれらが互いに認め合い、高め合い、とても美しく仕上がっているなぁという印象。

日本でもこんなクオリティの高いメルローが作れるなんて!!!!

本当に心から、おいしい! と思いました。happy01heart04


ミディアムレアのステーキなど、どんなお肉料理にも合うけれど、コルクを抜いて時間が経つにつれ、どんどんと香りが広がり、そのよさを発揮してくれるワインなので、無理に料理に合わせようとせず、大切な人と大切な日に、ゆっくりと語らう時間とマリアージュさせて楽しむのに最高な1本だと思いました。

みなさまにもぜひこの絶品ワインを味わっていただけたらと思います。

Chou_clubnac_628_1_16548_image007

いかがでしたか? フェリシモNO.1の日本ワイン通も絶賛! 

このワイン、ただ今「日本ワインコンクール」にエントリー中なのです。受賞が決まれば、海外の日本大使館・領事館で振る舞われる栄誉を獲得するかもしれません。(昨年はこのワインの2012年ビンテージが受賞しました)

数量限定につき、ぜひお早めにお申し込みくださいねhappy01

≪おまけ≫

◆桔梗ヶ原のメルローについて


ヨーロッパ系のぶどう品種は、雨の多い日本では、なかなかおいしく育てることは難しいと言われていますが、この井筒ワインの位置する『桔梗ヶ原』は、近年、おいしいメルロー種ワインの生産にとても成功している土地です。

フランスのように、その土地が持つ味わいの個性=“テロワール”がまだまだ十分に確立していない日本のなかで、「桔梗ヶ原といえば、メルロー!」と言われることは、実はとてもすごいこと。

そこに住む人々が力をあわせて、土地と相性の良いぶどうを見つけ、大切に育て続けてきた証だと思います。

このワインを飲みながら、美しい桔梗ヶ原の山間の風景に想いを馳せていただけたら幸いです。

05311730_574d4ba5d33d8

今年も”大使館ワイン”に選ばれるか!? 井筒ワイン2013年ビンテージNACメルロー樽熟

お申し込み締め切り/2016年9月6日
お届け時期/2016年9月下旬


人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ←応援お願いします!にほんブログ村

|

ページのトップへ