フェリシモ >  シュークラブプリュス >  シュークラブ >  シュークラブスタッフの言いたい放題 >  憧れ神戸のパン屋さんめぐり ~神戸ベル~

シュークラブスタッフの言いたい放題

2015年12月29日 (火)

憧れ神戸のパン屋さんめぐり ~神戸ベル~

Photo

昭和2年創業、もうすぐ90年の老舗ベーカリー。
前会長さんが「東京木村屋」の看板を掲げ、神戸の地でパン・洋菓子の製造販売を始めたのがきっかけなんだとか。
そして、神戸・三宮で営業を始めたのは昭和22年のこと。
このときからケーキなどのフランス菓子も手がけられていたそうで、当時からハイカラなお店だったようです。

Photo_2

「神戸ベルは子どものころから知ってる!」という神戸っ子も多いんです。写真の昔のロゴも、今みてもステキです。
昭和29年に「東京木村屋」から「ベル」(フランス語で“美しい”意味)に名称変更し、その後50店舗近くにまで全国展開し、東京にも多くあったそうです。阪神・淡路大震災以降は直営店7店舗にしぼり、生協やホテル・空港向けのパン・サンドイッチ、ケーキ・焼き菓子も製造販売。
パン・洋菓子の激戦区でも外せない存在になっています。

Photo_3

神戸ベルの看板商品と言えば「フルーツレディー」(第25回全国菓子博覧会で農林水産大臣賞受賞)。
オレンジ、リンゴ、チェリー、レーズンのドライフルーツをたっぷり混ぜて作られた、ふんわりソフトでフルーティーな味わいは、まるでハイカラな神戸セレブのよう。ほかにも、親子3代で楽しめる新旧の人気商品が数多くそろっています。

今回お届けするのは、まあるいラウンド型のラウンドパン・フルーツレディーです。

Photo_4

本社工場の敷地内に入るやいなやパンの香りが~♪
「パンの製造はここ3階で行っています。スタッフ6名で朝3時頃から仕込みをし、5時から焼き始めます。
すべて手作業で、ひとつひとつていねいに作ることを心がけています。
伝統にプラスして時代が求める新しいパンを作っていきたいですね」
と、製造部 課長 横田 真也さん。

Photo_5

直営店7店舗のうち淡路店と西神中央店は焼きたてパン(食パンなどは本社工場から配送)が店頭にずらり並んで、どれにしようか選ぶのが楽しくなってしまうんです!

そんなベルさんのパンも楽しめる商品は下記を参照くださいhappy01
bread  bread  bread  bread  bread  bread  bread  bread  bread  bread  

15282_9

お申込み締め切り/2016年1月31日(日)
お届け時期/2016年2月~6月(各月中旬~下旬)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ←応援お願いします!にほんブログ村

|

ページのトップへ