フェリシモ >  シュークラブプリュス >  シュークラブ >  シュークラブスタッフの言いたい放題 >  世界最古のワイン グルジア産ワイン~前編~

シュークラブスタッフの言いたい放題

2014年6月13日 (金)

世界最古のワイン グルジア産ワイン~前編~

みなさん、こんにちは。YOSSYですleo
いつもブログに遊びに来ていただきありがとうございます。


YOSSYの最近ですが、
毎朝は、せっせと趣味でみそしる作り。
週末は、スイミングでぷかりぷかりと浮かんで
そしてその夜は、お酒をちょっぴりおたしなみ。

この繰り返しですが、最近思うことがあります。

それは、習慣の力ってスゴイ!っていうことflair

毎週すこしずつ繰り返すことで
みそしる作りは、「すこしずつ」味付けにこだわりが生まれて
スイミングは、「すこしずつ」気持ちよく泳げるようになり
お酒のちび飲みで、「すこしずつ」お酒に詳しくなっていく。

ほんと「すこしずつ」なんですけど、ね。。

でもいくつになっても(←もう40代)
成長できるっていうのは、うれしいことですねconfident

………

さて、今回のレポートは、「週末のちび飲み」について!


「世界最古のワイン グルジア産ワイン 3ヵ月コース」
についてお伝えします。

先日、フェリシモでは、
カタログ『シュークラブマルシェ』のミニイベントを行いました。

Img_0442

Img_0444

これまでのカタログで登場した写真の展示や
おいしいグルメとワインなどをふるまいました。
その際に、来場者の人気を集めていたワインが今回の「グルジア産ワイン」でした。

会場では、ワイン好きさんが次々とそのワインの味をたしなみ
続々と笑顔になって、会場を後にしていました。

ワイン発祥の地といわれるグルジアとは?
ほかでは見ることができない、アンティークな陶器のボトルって?
さて、その神秘なお味は?


「世界最古のワイン グルジア産ワイン 3ヵ月コース」
実は、ほかでは味わえない秘密と魅力がいっぱい詰まっているワインなのです。


★グルジアワイン 秘密と魅力 その1

今回のワイン
おそらく多くの方が、最初におやっ?と思うのが、その名前。

「グルジア産ワイン」。

はて? グルジアとは?? 
国の名前ということぐらいはわかるけど、どこにあったっけ?
まずはそのあたりを抑えておかないと、このワインの素晴らしさはわからないようです。


グルジアワインとは…
グルジアは黒海に面し、“ぶどう発祥の地”と言われるコーカサス地方にある国。
このシルクロード西端の地では、5千年以上も昔からワイン造りが行われ、
かのクレオパトラも芳醇なグルジアワインをこよなく愛したといわれ、グルジアワインは『クレオパトラの涙』とも呼ばれています。

とのことです。


地図で見ると、グルジアの位置は、ちょうどトルコとロシアにはさまれた地域。
ワインといえば、西ヨーロッパの地中海沿岸というイメージがありましたが
もうすこし中央アジアよりの地域が発祥だったのですね。

ただ、それよりも驚きなのが、5000年も前から人々に愛され続けたワインであるとのこと!

5000年という時間の長さを想像するのはとてもむずかしいのですが、
私たちがこれまでお酒を味わってきた時間が、せいぜい人生の中のうん十年ぐらいと考えると
その途方もない長さをすこしだけ感じることができますwine

ふだん何気なく味わっている一杯にも、往年の人々のいろんな思いが詰まっているのですねえ。

感慨。confident

今回はここまで! 次回は、いよいよ、ワインのお味に迫ります!leo

20140612041530


世界最古のワイングルジア産ワイン 3ヵ月コース

http://www.felissimo.co.jp/food/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?gcd=545917&wk=15883

お申し込み締め切り:2014年7月6日(日)
お届け時期/2014年7月~9月(各月下旬)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ←応援お願いします!にほんブログ村

|

ページのトップへ